トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tamakikou.gif

連日エントリ!
ゾロ目の第111回は蜀軍の関興です。
ばれちゃったので早めにアップ(笑)。
玉木宏くんです。

これは張苞に配役した山本さんとセット。
N○Kドラマ「氷壁」のイメージ。
二人とも登山家で親友役でした。
山本さんはドラマの中で登山中滑落死。
張苞とは滑落死つながりでもあったわけです。

そのドラマでのコンビも良かったですし、
それから某パソコンのCMでも共演してますし。

張苞と関興といえば、先鋒争いを始めて、
劉備に窘められ、義兄弟の契りを結びます。
張苞の方が年上だったんで、兄になるわけですが、
山本さんも玉木くんより6歳年上。ピッタリ。

玉木くんは何かとルックスばかり取りざたされますが、
演技も巧くて、好感持てますよね~。
「のだめカンタービレ」の千秋真一も最高でしたが、
先日放送された謙さんとの共演「星ひとつの夜」も良かった。

初めて彼を画面で見たときは、アフロ姿だったのに(笑)。
まぁリンク先は坊主頭ですが…。
スポンサーサイト
tarohou.gif

第110回は蜀軍より張飛の長男張苞の登場。
この父親譲りの猛将には山本太郎さんを配役。

これは大河ドラマ「新選組!!」の原田左之助役のイメージ。
張苞にはやはり、父親のように豪快な武将であって欲しい。
冷静沈着というよりは猪突猛進系と言いますか。

そうなるとやはり山本太郎さんってことになるんだな。
行動はガサツながら義に厚い役はピッタリですからね。
詳しくは次回の関興をエントリする時に言いますが、
二人が義兄弟の契りを結ぶエピソードもはまります。

イラストですが山本さんより、藤島親方(元貴乃花)に似てしまった(汗)。

>> Read More
sinosei.gif

第109回は西涼軍より、成公英です。
お待たせしました(笑)、篠田三郎さんです

これまで寄せられたコメントの中の流れで、
配役が変わってしまった稀有な例かも(爆)。

はい、突然ですが西涼軍はこれより、特撮出身の
俳優さんにして行こうという流れになり、
元々諸葛誕に配役予定だった篠田さんを急遽変更。

成公英は、「演義」には出てきませんが、韓遂に忠義を尽くした名将。
韓遂亡き後は曹操に仕えたましたが、韓遂への思いは
変わることなく、曹操にも高く評価されました。

篠田さんといえば勿論「ウルトラマンタロウ」ですが、
それ以外でも、数々のドラマや舞台で活躍されています。
そんな落ち着き払った演技力抜群の篠田さんなら、
成公英を好演なさっていただけるでしょう。

順番が逆になって混乱するかもしれませんが、
韓遂には、ウルトラ兄弟の次男の方を配役予定。
長男はゾフィですからね(笑)。


>> Read More
hotokuhiro.gif

第108回は魏軍が続きますがホウ徳です。
死んで忠義を貫いた程の義に厚い彼には藤岡弘、さんを配役。

藤岡さんといえば、武力は問題なし!
刀道七段、抜刀道四段、柔道三段、空手初段。
しかも手裏剣まで習得されているんですから。

ホウ徳は忠義の士ながら、どこか不器用な感じがします。
関羽との決戦を前に自らの棺桶を作り出陣。
馬騰の配下だった時期にも、敵の大将郭援を討っておきながら、
周りに指摘されるまでそれに気づかなかったエピソードも。

それからホウ徳といえば、常に白い馬で出陣したことから、
「白馬将軍」と呼ばれていました。
…もう皆様お分かりですね(笑)。
藤岡さんの代表作品、「仮面ライダー」ですよ。
白い「馬」ではないですけど乗ってましたよね(爆)。
イラストも何箇所か悪ふざけしちゃいました。

因みに藤岡弘、さんの「、」ですが、間違って付けてる
わけではありません。
「我未だ未完成なり」って意味で名前に付けてるんですよね。

藤岡さんはN○K大河ドラマで2度信長演じてるんですね。
「おんな太閤記」と「春日局」ですか。
だってなぁ刀道七段だもんなぁ(しつこい)。

gihumatsu.gif

第107回は魏諷です。
「セクシーボイスアンドロボ」出演中の松山ケンイチくんです。

魏諷は「演義」には出てこないんですよね。
実はこの人「蒼天航路」に出てくるまでは全然知りませんでした。
なので、始め「蒼天航路」のオリジナルキャラがとうとう出たのかと、
本気であせったものです(汗)。お恥ずかしい。

魏諷と言えば、曹操が劉備と漢中で戦うための留守の時を狙い、
反乱を起こそうと画策したが、裏切り者の密告によって発覚、
曹丕に捕らえられて処刑されてしまった人物。
その反乱には、文欽や張繍の息子張泉、王粲の二人の息子
などの大物も参加していました。
魏諷は人心の掌握に長け、扇動する能力に巧みだったようですね。

松山ケンイチくんと言えば、これまた若手注目株の俳優。
「セクシーボイスアンドロボ」以外で記憶に新しいのは、
スピンオフも決まった「DEATH NOTE」でのL役。
「DEATH NOTE」の映画化決定時に発表された配役で、
一番の不安要素だったんですが、蓋を開けてみれば
一番原作にはまっていました。
なので今回のイラストは少し目にクマがあります(爆)。

彼は役作りへのこだわりがハンパないらしいですね。
ロボ役はこっちが引くくらい役に入ってますし(笑)。

そんな彼なら、優秀ながらどこか危うい感じな魏諷にあいそう。
でも本当魏諷って「蒼天航路」のイメージだけで決めてしまった。
>> Read More
aisennsi.gif

再来年のNHK大河ドラマが「天地人」に決定。
主人公の直江兼続のキャストが気になるところです。

過去の大河ドラマを見るに付け、歌舞伎役者さんの
出演が多いことに気づく。

今回の「風林火山」の武田信玄役の市川亀次郎さん。
本当書いていくときりがないですが、中村吉右衛門さん、
坂東三津五郎さん、松本幸四郎さん、尾上辰之助さん、
中村獅童さん、中村勘九郎さん、中村橋之助さん、
中村梅雀さん、中村勘太郎七之助兄弟、そして
市川海老蔵さんなどなど。本当多い。

そんな中、着目したのが市川染五郎さん。
なんと大河ドラマには子役で一度出たのみ。
そろそろ主演に抜擢されそうな気がするんですが…。

なのでイラスト描いてみました。
やはり青髭を濃くしないと似ないので、
保毛男さんみたいになってもうた(笑)。

その他には、最近映画に連続で出てる妻夫木くん、
「新選組!!」、「義経」からのジャ○ーズ流れで、
岡田くんや二宮くんなんかも可能性ありですかね。

どうも直江兼続っていうと、「花の慶次」のイメージがね。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

nizaemon.gif

第106回は劉備と公孫サンのお師匠さん、盧植。
これまた陸さんのオススメですね。
片岡仁左衛門さんです。
十五代仁左衛門を襲名される前の片岡孝夫さんと言った方が、
お馴染みなのかもしれませんね。

陸さんも仰ってた通り、NHK大河ドラマ「太平記」における、
後醍醐天皇役のイメージですね。
その存在感ある演技は盧植先生にピッタリではないかと。

それから、僕個人で盛り上がってしまったのが、TVCMつながり。
しかし個人的に盛り上がりすぎて大失敗を…。
劉備に配役していた唐沢さんといえば、ネス○フェGBのCMで、
第36代「違いを楽しむ人」なんですよね。
このCM1970年から「違いのわかる男」→「上質を知る人」、
→「違いを楽しむ人」と現在まで38人起用されてるんですね。
その38人の中に仁左衛門さんが含まれていると思ったんで、
唐沢さんとの師弟関係にピッタリだと思ったんですが…。

調べてからイラスト描けって話ですが、何と仁左衛門さん、
このCM出たことないことが判明(爆)。ありゃりゃ。
坂東三津五郎(当時八十助)さんや、中村吉右衛門さん、
そして松本幸四郎さんは出てるので、同じ歌舞伎役者関係で
勘違いをしてしまったのかな。
それから仁左衛門さんは昔眼鏡のCM出てたからかな~。

とりあえず、「違いがわかる」つながりは無理でしたが、
ピッタリな配役なのでOKでしょう。

んで、ここに出てきた歌舞伎役者さんを、
皇甫嵩や朱儁などの後漢の将軍に配役するといいかも。
akiramaki.gif

第105回は「群雄割拠の幕を開けた男」何進です。
ずばり中尾彬さんです。

何進といえば、元々は屠殺業を営んでいたんですが、
妹が霊帝に見初められたことにより宮中入り。
その妹(何太后)が霊帝の寵愛を受け、少帝弁を生んだことにより、
権力を得ていき、黄巾の乱の時には大将軍に。

そういう権力を得ていく行程やら、元々屠殺業者だったことなんかが、
中尾さんにはまるのではないかと。
肉々しい、いや憎々しい演技に期待(爆)。

何進の能力をコー○ーのゲームを参考にしようと調べたら、
知力が「6」って!!低っ(笑)。
ん~渡辺曹操と大杉袁紹に囲まれる中尾何進…。
イマイチ想像できんな(汗)。

イラストですが、羽織っているものに、
「彬巻き」を施してみました(笑)。
何かいい感じだ。
>> Read More
yakusyogai.gif

かなり間があいて申し訳ありません…(汗)。
一週間7人連続アップのトリは魏軍より艾です。

これは陸さんのオススメにもありました役所広司さんです。
役所さんと言えばこれまた世界に誇れる名優。
なので、蜀を滅ぼした魏の大功労者艾が相応しいのではないかと。

艾と言えば、姜維の北伐を悉く防ぎ、毋丘険・文欽の反乱も鎮圧。
「済河論」を書いて運河の開通を司馬懿に採用されたり。
その活躍は多岐に渡ります。

役所さんと言えば、三谷作品でコメディを演じたかと思えば、
黒澤清作品のようなサスペンスモノでも存在感ある演技。
ジャンルを、というか国籍を問わないその活躍振りは凄いの一言。

「剣閣を迂回し成都を奇襲する」と言う、それまで誰もが
バベルの塔」の如き空想的で実現不可能な計画と思っていた
作戦で蜀を滅亡に導いた艾は役所さんで(笑)。
kagawaha.gif

GW皆様いかがお過ごしですか?
更新頑張ります第103回です。
蜀軍(何か違和感)より夏侯覇の登場。
これまた実力俳優香川照之さんをキャスティング。

ジョーくんに続いて、映画「ゆれる」の好演が記憶に新しい。
リンクを貼った先の新聞記事の中でも語られてますが、
名脇役として、主役を監督とハメる作業が面白いと仰ってます。
とにかく役への入り込み方が尋常じゃないらしいですね。

NHK大河ドラマも常連。
「利家とまつ」の豊臣秀吉役、そして「功名が辻」の六平太。
「葵徳川三代」、「八代将軍吉宗」に「春日局」にも出てる。

そんな香川さんには、これまた三国志終盤の重要人物、
夏侯覇にピッタリではないかと。
夏侯淵の長男として、魏で多くの功績を挙げるも、
クーデターを起こした司馬懿へ反発し、蜀へ亡命。
蜀へ帰順してからは姜維の片腕として活躍。
これまた数奇な運命を辿った人です。
仕える国を変えるという、心の葛藤を演じきって頂きたい。

それから先にも書いたとおり夏侯覇は魏の名将、
夏侯淵の息子。いわば魏軍のサラブレット。
香川さんも、三代目市川猿之助さんと浜木綿子さんの息子。
これまた俳優界のサラブレット。
血筋の良さもピッタリなのではないかと(強引か…)。

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。