トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

zetuboutea22.gif

更新長い間滞ってしまい大変申し訳ありません。

更新しなかった理由は色々とあるのですが、
やはり今のところ、情熱が湧いてこないので、
とりあえず、元々の僕のブログ「キャスポ」
に少しずつ引っ越そうかと思います。

似顔絵がスランプだったことと、「戦国BASARA」に
はまっていたこと、そして単に忙しかったことが原因ですが、
もうひとつ、最後の更新した日周辺にもかかわって来ること
なのですが、ちょうどお盆にちょいと戦争について自分は
知識が薄過ぎると感じていたため、いい機会なんで色々と
本を読んだんですよ。そしたら、中国の物語を日本人で
配役することにちょいと違和感を感じて、それ以来更新
してなかったんですよね。

まぁでもそんな重く取られても困るんですけどね(汗)。
キャスポでも更新は気が向いたらですが続けていくつもりなので、
もしよろしかったら、更新した際に色々とご意見いただけたら嬉しいです。

また気が変わるかもしれないので、こちらのブログはしばらくの間、
残しておきます。引越しも大変ですし。

やはり、ブログを3つも更新していくのは大変過ぎる…。
結局それに尽きるんですな。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

zetuboutea.gif

このたび、僕が尊敬して止まない山ちゃんこと、
山寺宏一さんの、こんなエントリを見つけたので紹介したい。
詳細は上記のリンク先へ行って読んでいただきたいのだが、
要は映画・アニメを吹替えするにあたり、その作品を著しく
劣化させる配役が、興行のために行われることへの警鐘。

当ブログでの「吹替えのススメ」でも散々僕が言ってきたこと。
稀に成功することがあるので、一概に否定はできないが、
いわゆるタレント・アイドル・お笑いによる吹替えは、
できることならごめん被りたいものである。

「日本吹替え版」とは、単に外国の言葉を訳するものではない。
演じる声優さんによって、より魅力的になるものなのであり、
時には箸にも棒にもかからないような映画を傑作にしてしまう
ことすらあるのだ。日本の声優さんの実力をなめてはいけない。

確かに日本の若手声優には、山寺さんや江原さんが言うような、
「ヴィンテージヴォイス」を放つ人が少ないかもしれない。
でもそれは年を重ねることによって解決されることもある。
神谷明さんだって、昔ロボットアニメの主人公を多数演じてる頃は、
今ほどの「ヴィンテージヴォイス」は放ってなかった。
ごめんなさい、話がかなりそれてしまった…。

作品の完成度よりも、興行成績を重視するのもわかる。
しかし、山寺さんの言うとおり、テレビ版で馴染みのある作品を、
劇場版にするにあたり、タレント配役に切り替えたりするのは、
本当どうかと思うぞ。

現在槍玉にあがっている「シンプソンズMOVIE」もそうだが、
最近では「北斗の拳」の宇梶ラオウもひどかった。
演技力も勿論問われるが、声があっていないってのは、
それ以前にさらに萎える。
ラオウは内海さん、ケンシロウは神谷さんじゃなきゃダメだ。

ものは試しだと思い、シンプソンズの予告編を見に
オフィシャル行ってみたけど、途中で怒りのために
見てられなくなったよ。
特にアッコがひどい…。
所さんなんて、アルフは好きなのに…。
(バズは悪くないけど、もっと適役がいるでしょ)

石丸さん以外のジャッキーは思い浮かばないし、
例えば、「ER」を劇場版にしたとする。
そうしたら、平田さん以外のカーターは考えられない。
病院ドラマつながりとかで、坂口や江口に代えられたら…。
想像しただけで寒気がするよ。

んで「24」を劇場版にした場合、小山さん以外のジャックは
考えられるのか?答えはNOだろう。
ん?これは例えがイマイチかもしれんが。

ちょっと考えれば分かりそうなものなのだが。
それとも、アニメは子供だけが見るものだといまだに
思っている人が居るってことなのかいな。

とにかく、常日頃思っていたことが、山寺さんの口から
出たことに感動したのと、その行動に敬意を表します。

gekired.gif

さて、前回エントリの「プロジェクトBB」で知って以来、
「獣拳戦隊ゲキレンジャー」を見てるんですけど面白い!
まだ2話しか見てないんですけどね。
今度DVD借りて見直そうかという勢いですハイ。

スーパー戦隊モノを見るのはマジレンジャー以来。
あの時、仮面ライダー響鬼にはまっていて、
正直早起きのついでにと言うか、芳香姉さん目当てに
見ていました(笑)。あと磯部さんが出てたから。

僕にとってのタイムリーな戦隊モノと言うと、ダイナマンや
バイオマンなので、その次のチェンジマンまでは何とか
記憶にございますが、フラッシュマン以降はライブマンと
カクレンジャーは少しだけ見たような気がするけど、
それ以外はマジレンジャーまでほとんど未見。
つい先日塩屋瞬がハリケンレッドだったと知ってマジ驚いた。
あと昭英や姜暢雄も戦隊出身だったなんて(笑)。
さすがに金子昇や玉鉄は知ってたけど。

んで話を戻してゲキレンジャーです。
なんでゲキレンジャーを取り上げようかと思ったかと言うと、
ゲキレンジャーの師匠的な存在として、七拳聖なる、
各々動物の姿をした七人の拳の達人が出てくるんですよ。
このうち六人が香港の映画俳優をモデルにしているんです。
んでもっとすごいのがそのうち三人の声を、各々の俳優の
フィックス声優さんがアフレコされてるんですね。

まず象の姿のエレハン・キンポー。
もちろんモデルはサモハンなんですけど、声は水島裕さん。
サモハンが最近は監督とか裏方ばかりで映画に出ないのと、
たまに出ても水島声が合わないようなまじめな役だったりで、
水島サモハンにこんな形で再会(笑)できるなんて嬉しいね。

そして鮫の姿のシャッキー・チェン。
モデルはジャッキーで声はジャッキーよりジャッキー声の
石丸博也さんだよ。これだけでも凄いことなのに!

んで蝙蝠の姿のバット・リー。
モデルはジェット・リー。
声はワンチャイシリーズと「SPIRIT」…というか、辮髪姿の
ジェット・リーの声を吹替えている、シャアこと池田秀一さん。
(あくまで辮髪姿限定。他の映画だと、吹替えは別の声優さん)
このバット・リー、オフィシャルサイトだと、右手に扇子を持って、
片足を挙げてポーズとっているけど、これってまさに
ワンチャイシリーズのウォン・フェイフォン!
無影脚繰り出しそうだよ(爆)。
ウォン・フェイフォンなら、扇子じゃなくて傘でもOKなのに。
傘だったら蝙蝠と引っ掛けられたのに(笑)。

この3人はフィックス声優だけに、残念なのが、
ガゼルの姿のピョン・ピョウ。
モデルはユン・ピョウ。
だから、吹替えは古谷徹さんか、野島昭生さんが良かった。
ピョン・ピョウの声は草尾毅さん。
まぁ、草尾さんは古谷さんと同じように、日本アニメの
お馴染みの主人公声優としての功績からの抜擢か。
僕の考えすぎかもしれないけど。

んで他の拳聖も見ていこう。

ゴリラの姿のゴリー・イェン。
モデルはドニー・イェン。
これはドニーの名前だけもらった印象。
ゴリラなのに、知的なメガネ、そして声は大友龍三郎さん。
だからドニーというよりは、シュワちゃんみたい。
大友シュワルツェネッガーは悪役限定の吹替えなので、
しっくりこない。だからもしかしたらシュワちゃん主演の映画、
「ゴリラ」は大友さんが吹替えしてたのかなと邪推してみたが、
調べても分からなかった…。
正義シュワちゃん声の玄田さんが良かったけどね。
マジレンジャーでナレーションやってたのにね。

そしてペンギン姿の紅一点ミシェル・ペング。
モデルはミシェル・キング(現ミシェル・ヨー)ですね。
ミシェル・ヨーは深見梨加さん(007トゥモローネバーダイ)や、
高島雅羅さん(ポリスストーリー3)が吹替えてるんですが、
ペングは田中敦子さん。
まぁ草薙素子なわけですが…。

最後に一応ふれて置くと(爆)、
猫の姿のマスター・シャーフー。
声は波平さんこと、永井一郎さん。
猫、永井さん、カンフーと言えば…。
もうこれはモデルはカリン様でしょう(笑)。

あとブルース・リーをモデルにしたブルーサ・イー
なんて伝説の人も出てるようで。

この拳聖以外で敵にも居ました。
豚の姿の獣人タブー。
吹替えは広川太一郎さんだそうな!
勿論、マイケル・ホイのMr.ブーがモデルでしょ。
ん~この回だけでも早く見たいな。

あと、細かいけど、敵の三拳魔の一人、
鷹の姿のカタの声が納谷六朗さんだよ。
ジャッキーのポリスストーリーで署長の声やっていた方。
これまた僕の考えすぎでしょうか。
でも三拳魔のもう二人、マクやラゲクの声をやっている、
柴田さんや幸田さんも香港映画で吹替えてるのかな?


とにかく長くなりましたが、これだけ豪華な吹替え陣。
香港映画好きにも見る価値ありですよゲキレンジャー!

PS.イラストはゲキレッドこと、漢堂ジャン。
ジャン語面白い!
でも知らない人が途中から見たら引くかも(笑)。

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

projectbb.gif

「プロジェクトBB」発売日に買ってソッコー見ました。
勿論吹替え版で(笑)。
と言うわけでお久しぶりの吹替え版のススメ。
今回で第15回でございます。

この映画の醍醐味のひとつが、ジャッキー・チェン、
マイケル・ホイ、ユン・ピョウという、香港映画における、
往年の大スター3人による揃い踏み。
しかも吹替え版ではその3人を石丸博也氏、広川太一郎氏、
そして古谷徹氏がそれぞれ声を当たれられているのだ。

ジャッキーよりジャッキー声である石丸さんは言わずもがな。
広川さんと言えば、マイケル・ホイの代表作、
Mr.BOOシリーズでのアドリブ全開ぶりでお馴染み。
古谷さんとユン・ピョウといえば、「スパルタンX」ですな。
因みに「プロジェクトA」でのユン・ピョウは野島昭生さん。
「CSI」のギル役や、「ナイトライダー」のキットの声でお馴染み。

話がそれましたが、それこそフィックス声優さんの競演なのだ。

まず広川さんの暴れっぷりが最高。
Mr.BOOシリーズよろしく、マイケル・ホイが口を閉じていようが
アドリブでオヤジギャグをはさむ、はさむ(笑)。

その広川さんに触発されたのか、他の方もネタ出す出す。
石丸さんはもうひとつの代表作より「ロケットパーンチッ!」
って叫ぶわ、扇風機投げつけるとき「サイクロンゼェェット!」
って叫ぶわ(笑)。

それからジャッキーの相棒役のルイス・クーの吹替えは、
ジャック・バウアーの声でお馴染みの小山力也さんなんだけど、
これまたエンドロールのNGシーンの中で、「24時間」働ける
みたいな事を言ったり、車に乗る際、石丸さんへのリスペクト
なのか、「パイルダーオォッン!」とか叫んだりするんです。
もしかしたら「ER」のロス先生ネタとか、
「マトリックス」のネオネタなんかも、
よく見たら仕込んであるかもしれない(笑)。

さてこれだけの声優集めるスタッフですから、
細部までぬかりはありません。

この映画、香港の若手スター、
ニコラス・ツェーとダニエル・ウーが
チョイ役で出演しているのですが、
なんと吹替えが浪川&三木真だ(笑)。
「香港国際警察~NEW POLICE STORY」と同じ。
スゲー。ほんとチョイ役なのに(笑)。

贅沢を言えば、水島裕さん声でサモハン・キンポーが、
ジャッキーの借金取り役で出てきたり、
富田耕生さんの声でトン・ビョウさんが、
ユン・ピョウの上司役とかで出演されてたら最高だった(笑)。

この映画は冷静に考えると正直、ジャッキー映画にしては、
内容はそれほど面白いとも言えない。
135分と無駄に長いし。

でも吹替え版となると、もう面白くて仕方のない映画となる。
やはり香港映画は吹替え版で見なければ。

殺伐とした空気の中にもどこかユーモアを忘れない、
香港映画特有というか、ジャッキー映画特有の空気。
そんな雰囲気が、日本の匠声優さんたがその匠演技
を余すことなく発揮できる場を作っているのだなぁ~。

それから今回このエントリを書くにあたり、色々と調べてたら、
現在放送されている、「激拳戦隊ゲキレンジャー」において、
香港映画吹替え声優祭り開催中(笑)との情報を得たので、
次回また報告させていただこうかと思います。


PS.イラストのルイス・クーが、どう見ても
寺脇康文さんになってもうたよ(泣)。

テーマ:香港映画 - ジャンル:映画

kentarotobu_2.gif

先週の水曜日。
夜の7時より、りゅーとぴあにて
小林賢太郎プロデュース「TAKEOFF~ライト三兄弟」
見てきました!!!!!!

生の賢太郎さんを見るのはラーメンズ第15回公演
「ALICE」、それから「GBL」、そして「ポツネン」と
今回で4回目。

賢太郎さん以外の出演者は久ヶ沢徹兄貴と、オレンヂくん。
兄貴とは同じく「GBL」以来だ。
オレンヂくんは今回が初お目見え。

物語の内容は、ひょんなことから意気投合した3人が
協力して飛行機を飛ばそうとする話。

話の内容や、3人のやり取りの巧妙さ、
音楽や歌、仕掛けたっぷりの舞台は最高。
勿論笑いもたっぷり詰まってる。

本当に何度も言ってるけど、賢太郎さんを知らない人は、
かなり人生損してると思う(笑)。
賢太郎さんの舞台を生で見ることの至福。
また新潟へ来てくれることを願っております。

PS.僕の右隣のお姉さんが、久ヶ沢さんが登場するなり、
小さく「かっこいい…」と呟いたのがツボでした(笑)。

KKP#5『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』KKP#5『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』
(2008/08/20)
小林賢太郎

商品詳細を見る

テーマ:ラーメンズ - ジャンル:お笑い


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 i Cast !, All rights reserved.