トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tyokokojo.gif

「チャーリーとチョコレート工場」見ました。
僕がどんな作品だろうと絶対見にいく数少ない監督、
ティム・バートン監督の映画。
やはり期待は裏切りませんでした。

その独特の世界観、美的センス。
ちょっとダークなコメディ性。
前作の「ビッグフィッシュ」も良かったけど、
やはり今回は少し下品(いい意味で)というかなんというか、
うまく言葉では表せないけど、要するに
「ティム・バートン来たーぁ!」って映画だったんですわ(笑)。

それにしてもこれだけの悪ガキよう集めましたな(笑)。
5人のうち、3人は今回が初映画ですと。
その中でもやはりチャーリー役のフレディ君は
本当に絵に描いたような良い子演じてましたな。
絵を描いて思ったのですが、結構サル顔なんで、
それが成長してからどうなるかですね(笑)。
そんでもって唯一腑に落ちないのが、チャーリーが
拾ったお金でチケット当てちゃうことだなぁ。
そこがバートン的といえばそれまでだけど。

でもやっぱりジョニー・デップだな。
バートン映画常連なんだけど、毎回違う役をうまく演じるね。
ジョニーは字幕版で見なきゃな俳優の一人なので、
時間合わせるのが大変だった。
吹替え版の方が回数多いんだもん。
多分吹替は平田さんだろうから、吹替え版も見たいけど。
あの話し方は独特なので、とりあえず生声聞かないとね。
(しかしその後、ジョニーは藤原さんと判明)

それにしてもこれだけの踊りを踊り、衣装を替え、
色んな表情を見せてくれた、ウンパ・ルンパ族役の
ディープ・ロイさんにはある意味オスカー上げても
いいのではないでしょうか(笑)?

テーマ:ティム・バートン - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。