トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rongkuramu.gif
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」先行にて観てきました。
いやぁやはり原作2冊分を2時間40分にまとめてあるから、
展開が早い早い(汗)。
原作読んでないとついていけないですよこれは。

もうこのシリーズは、映画単独での出来どうこうではなく、
原作好きが、映像化を楽しむ場を与える役でしかないですね。
で、僕は原作好きなので満足なんですけど(笑)。
なんでこれを映画として評論するのは無駄ってもんです。

以下ネタバレを含むんで注意。


イラストにも描いたのですが、この展開の速さの煽りを
一番食ってるのが、ロンなんですね。
クラムへのミーハー度を強調する場面が全然ないため、
憧れの対象から、ハーマイオニーを間にはさんだ恋敵に
なる心情の変化がすごく分かりづらい。
ハリーやフラーに対する感情も中途半端。
結局叔母さんのオサガリのダサい服を着せられたシーン
が一番のツボ。扱いがかわいそうでした。

そしてロンに限らずウィーズリー家。
長男ヴィルと次男チャーリーは結局出ず(泣)。
そして三男パーシーも、全く登場せず。
クラウチ氏との絡みが見たかったのですが…。
その反動か、ジョージとフレッドは大活躍(笑)。


でも新キャストは皆ハマリ役でした。
セドリック、フラー、クラム皆イメージどおり。
クラム役のスタニスラフ君は本当にブルガリア人。
フラー役のクレマンスちゃんは本当にフランス人。
こだわりを感じますね。

もうひとつイラストはフラーとマダム・マクシーム。
ボーバトンの制服の帽子は、スライムみたいで
かわいいね(笑)。

borbaton.gif

それじゃ「不死鳥の騎士団」もまだ途中までしか
読んでないんで、この勢いで読みきっちゃおう。

テーマ:ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。