トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
spirittjet.gif

「SPIRIT」観ました。
ジェット・リーの神業、しかと目に焼き付けました。
その功夫で欧米のマッチョマンを倒す。
醍醐味ですね。

でもこの映画、ワンチャイシリーズとは似て非なるもので、
そこには悲しみを強さに変える男の姿があったのです。

以下ネタバレありです

やはり実話が元になっているので、ハッピーエンド
とは言い切れない、やるせない終わり方。
最期まで戦い抜いた霍の潔さは胸が熱くなった。
霍は死んで魂となりながらも、月慈の元へ行ったんだな。

獅童くんは周りが言うほど悪くなかったです。
話にかなり関わってくる重要な役で、全然チョイ役ではない。
中国も日本も武士道には通ずるものがあるんですな。

それにしてもジェット・リー。いやリー・リンチェイ。
リーが演じた役で姿かたちは同じでも、やはり
霍元甲と黄飛鴻では別人だ。
リーのワンチャイシリーズは本当大好きなので、
この映画もどこかそんなノリで最初観てしまった。
イラストにも描いたけど「上海異種格闘技大会」なんて
ネーミング。聞いただけで燃えるではないか(笑)。
しかしこの映画はそんな単純なものではなかった。

この映画でリーは人間の弱さ、愚かさも見せてくれた。
人は背負った悲しみの分だけ強くなる…。
「北斗の拳」でケンシロウも言ってたよなぁ。

そしてこの映画でリーがもっとも言いたかったこと。
「暴力では何も解決することは出来ないってこと」
本当このリーの集大成を劇場で観ることが出来てよかった。


余談ですが霍の父親役のコリン・チョウ。
「マトリックス」のセラフ役が有名ですけど、
その昔「無問題」に出てたことはなかった
ことになってませんか(笑)。


テーマ:香港映画 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。