トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kokuhakuul.gif

「Xメン~ファイナルデシジョン」観ました。
アメコミ好きには納得の出来。
センチネルの頭が降ってきた時はうぉぉぉと思ってしまった(笑)。

でもラストシーンと言い、エンドロール後の特典映像と言い、
全然ファイナルっぽくねぇなあと思っていたら、
今回は3部作のファイナルってことで、
ウルヴァリンやマグニートーが主人公の作品や、
アイスマンvsパイロのネクストジェネレーションものなど、
計10作品の制作予定があるとのこと。
そりゃぁ楽しみだなぁと。

それでは、以下ネタバレありです。



まずは始めにスコット御愁傷様…。
本当前作の時にも書いたけど、あんた恵まれないね…。

今回はXメンオリジナルメンバーのエンジェルとビーストが登場。
エンジェルはともかく、ビーストは突然の登場でしたね。
ビーストは日本の俳優さんで「踊る~」にも出てた、
浜田晃氏に似てると思うのは僕だけだろうか(笑)。

今回物語り上でキーとなるのが「キュア」の存在。
このキュアはミュータントの能力を無くしてしまう薬。
自分とは異形のものに恐怖を感じてしまうのが人間なのかも
しれないけど、何かこれ引っかかるよな。
僕なら自分の子供にミュータントが生まれたら嬉しいけど(爆)。

最後マグニートーもキュアによって能力を失ってしまうんだけど、
ラストシーンで金属製のチェスの駒を少し動かすんよ。
それを能力が戻り始めたととるか、もうそれしか能力が
残っていないんだととるか…。
マグニートーのスピンオフの内容に関わってくるのかな。


DVDが出たら吹替え版観たいね。
1から2になるとき、ウルヴァリンとマグニートーの
吹替えキャストが代わったのをご存知でしょうか?
ウルヴァリンが梁田さんから山路さんへ。
マグニートーが阪さんから有川さんへ。

これ僕は勝手に吹替えキャストのフィクス化って呼んでます。
では1と2の間に何があったのか。
山路さんがヒュー様を吹替した「ヴァン・ヘルシング」がヒット。
有川さんがイアン爺を吹替した「ロードオブザリング」がヒット。
つまりウルヴァリン=ヴァン・ヘルシング。
ガンダルフ=マグニートー。
この2つのフィクス化が行われたんじゃないかと。

今回の3は誰が吹替えをしているのか分かりませんが、
多分上記の二人は代わっていないんじゃないかな。
気になるのは、上映にあわせてテレビ放送された1と2。
ウルヴァリンは磯部さんで、マグニートーは家弓さんでした。
家弓さんと言えば、ガンダルフではなくサルマンの声か。

んでプロフェッサーX。
DVDでは2作とも大木民夫さん。
でも今回のテレビ放送では麦人さんでした。
そうですね。
プロフェッサー演じてるのは、ピカード艦長ですもんね。
大木さんには悪いんだけど、今回の3はこのフィクス化も希望。

んでイラストをもう1枚。

sirokuro.gif

今回のストームは前2作よりも髪型に違和感なし。
ハル様の美しさは相変わらずでありました。
ジーン役のファムケ姉さんも相変わらずのハマリ役。
白目がなくなり、爬虫類っぽくなる姿も良かった。

ジーンに関しては、あそこまでやらかしちゃったら、
死ぬしかないんだろうなぁとは途中で思いました。
実際ウルヴァリンの手によって死んでしまいますが、
納得のラストです。

最後にそう言えば、ナイトクローラーってどこ行ったん(爆)?

テーマ:洋画 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。