トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
zetuboutea.gif

このたび、僕が尊敬して止まない山ちゃんこと、
山寺宏一さんの、こんなエントリを見つけたので紹介したい。
詳細は上記のリンク先へ行って読んでいただきたいのだが、
要は映画・アニメを吹替えするにあたり、その作品を著しく
劣化させる配役が、興行のために行われることへの警鐘。

当ブログでの「吹替えのススメ」でも散々僕が言ってきたこと。
稀に成功することがあるので、一概に否定はできないが、
いわゆるタレント・アイドル・お笑いによる吹替えは、
できることならごめん被りたいものである。

「日本吹替え版」とは、単に外国の言葉を訳するものではない。
演じる声優さんによって、より魅力的になるものなのであり、
時には箸にも棒にもかからないような映画を傑作にしてしまう
ことすらあるのだ。日本の声優さんの実力をなめてはいけない。

確かに日本の若手声優には、山寺さんや江原さんが言うような、
「ヴィンテージヴォイス」を放つ人が少ないかもしれない。
でもそれは年を重ねることによって解決されることもある。
神谷明さんだって、昔ロボットアニメの主人公を多数演じてる頃は、
今ほどの「ヴィンテージヴォイス」は放ってなかった。
ごめんなさい、話がかなりそれてしまった…。

作品の完成度よりも、興行成績を重視するのもわかる。
しかし、山寺さんの言うとおり、テレビ版で馴染みのある作品を、
劇場版にするにあたり、タレント配役に切り替えたりするのは、
本当どうかと思うぞ。

現在槍玉にあがっている「シンプソンズMOVIE」もそうだが、
最近では「北斗の拳」の宇梶ラオウもひどかった。
演技力も勿論問われるが、声があっていないってのは、
それ以前にさらに萎える。
ラオウは内海さん、ケンシロウは神谷さんじゃなきゃダメだ。

ものは試しだと思い、シンプソンズの予告編を見に
オフィシャル行ってみたけど、途中で怒りのために
見てられなくなったよ。
特にアッコがひどい…。
所さんなんて、アルフは好きなのに…。
(バズは悪くないけど、もっと適役がいるでしょ)

石丸さん以外のジャッキーは思い浮かばないし、
例えば、「ER」を劇場版にしたとする。
そうしたら、平田さん以外のカーターは考えられない。
病院ドラマつながりとかで、坂口や江口に代えられたら…。
想像しただけで寒気がするよ。

んで「24」を劇場版にした場合、小山さん以外のジャックは
考えられるのか?答えはNOだろう。
ん?これは例えがイマイチかもしれんが。

ちょっと考えれば分かりそうなものなのだが。
それとも、アニメは子供だけが見るものだといまだに
思っている人が居るってことなのかいな。

とにかく、常日頃思っていたことが、山寺さんの口から
出たことに感動したのと、その行動に敬意を表します。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。