トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kashinnituki.gif
レッドクリフ Part1」観ました!

ジョン・ウー監督が三国志映画を撮ると聞いて以来、
楽しみにしていた作品

これは期待を裏切らない傑作でございました。
ジョン・ウー監督のこれでもかと繰り出してくる
エンターテイメント性にしびれました。
以下要点まとめてみます。


1.「対立の構図を分かりやすく」

劉備・孫権連合軍=善、曹操軍=悪
という風に、物語の設定をわかりやすくしてある。
冒頭、この物語の内容・構図の説明が挿入されていて、
三国志初心者への配慮もなされてます。
ナレーションは大塚明夫氏。
配給にテレ朝が絡んでるから、
日曜洋画劇場からの抜擢なのだろう。


2.「男たちの友情を前面に」

周ユと孔明の友情を熱く描いている。
琴の競演は見応えあり。
この競演で男たちは分かり合えたのだ!
でもこの二人のキャストだと、
周ユの孔明への憎悪は、
永遠に生まれそうもないけどw。


3.「男女の愛をはしょらず描く」

周ユと小喬の夫婦のやりとりをちゃんと描く。
曹操の小喬への偏愛も狂気を孕んでみせる。
夏侯淵(?)らしき将軍がつぶやく一言
「女一人のために戦を起こしたのか…」


以上監督のこだわりが見える3点を列挙してみました。
僕は監督のこのエンターテイメント性への特化を
すんなり受け入れて楽しめたんだけど、
レッドクリフ」に否定的な人は
この3点が気に入らないと言う人が多いですな。

おいおい、映画って決められた時間の中で、
楽しむためのものだろうがい。
史実・演義の話を引っ張り出して、批判したりするのは
この際何か違うと思うぞと。



ただ、上記のことから登場人物を一人一人
丁寧に描いているので、
2時間半に及ぶ長編となっています。
それについては長いと感じる人は多いのかも知れんけど。
僕は別段気になりませんでした。
むしろ早く感じたほうですよ。


劉備軍の猛将3人にそれぞれ見せ場があったり、
魯粛と尚香の笑えるやり取りとか
むしろ脇役もおざなりにしていないとこが好感もてました。
まぁ魏が好きな人はお気の毒でしたが。


この映画のさらなる魅力はそのキャスティングの妙。
主要キャラは大体納得でした。

syokoro.gif

その中でも特筆すべきは、魯粛役のホウ・ヨン氏。
ハマリ役過ぎです(笑)。
別にこの人が魯粛だと説明されなくても、
三国志好きなら一目で分かりますよw。

「あっ、こいつ魯粛だな」と。

尚香役のヴィッキー・チャオさんとのやり取りは秀逸。
ヴィッキーさんといえば、「少林サッカー」のイメージしか
なかったけど、その御転婆ぶりがこれまたハマリ役でした。


今回字幕版で見ましたが、吹替え版も見たい!
ウィキで調べてみたら、三国の英雄の声優さんがそれぞれ、

曹操=磯部勉氏=ハリソン・フォードのフィクス声優
劉備=玄田哲章氏=アーノルド・シュワルツェネガーのフィクス声優
孫権=平田広明氏=ジョニー・デップのフィクス声優

なのだよ!
これってまさにハリウッド三国志(笑)!
水軍強い呉軍の孫権が平田さんって、
いい意味で狙いすぎやろ。
ジャック・スパロウか、はたまた黒脚のサンジか(笑)。

周ユは山寺さんだし、他のキャストも豪華声優陣。
序盤のちょい役献帝でさえ石田彰氏。

いやぁすげえ。
DVD出る前に観にいってしまうかもしれん。
とにかく吹替え版見たら、「吹替えのススメ」コラムも
必ず書きますね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリック!


以後ネタバレを含むので、
一端折りたたみます。
見てない人は読まないでね。





魏軍好きにはお気の毒な内容とは先ほども書きましたが、
ひとつ目が点になった出来事が…。

僕の勘違いかもしれませんが、
張遼が周ユに殺されちゃいました(爆)。
「竜巻旋風矢刺し」みたいな技で(笑)。
僕の大好きな張遼が…。
しかも演じてた俳優さんが、丹古母鬼馬二さんに
ソックリな顔だったし…。

曹操が曹洪と張遼に騎馬隊での出撃命令をしたから、
やっぱりあの武将が張遼だよなぁ…。
僕の勘違いであった欲しいものだ。
名前が出た謎の武将、夏侯シュンか、
魏憤のどちらかであって欲しい。

まぁ彼が放った矢が、趙雲を庇ったとはいえ、
周ユにヒットしました。
おそらくPart2で、この矢傷がもとで、
周ユは死んでしまうのかもしれないけど。
そう思うと重要なキャラか?


それにしても劉備軍の3将軍は大活躍!
趙雲かっこよかったねぇ~。
阿斗を抱いて単騎駆け巡るシーンは圧巻。
でも単純に無敵っぷりをみせるわけじゃなく、
ちゃんと手傷を負ったりもする。
自分の馬の傷に薬を塗るシーンもあったり。

関羽もメチャクチャ強かった。
八卦陣での戦いでは、現れるや否や
得物の青龍刀を相手に投げつけ(笑)、
素手で突っ込み相手をボッコボコに。
演じている俳優バーサンジャプさんは、
チンギス・ハーンの子孫なんだってね~。
オドロキました。
ってことは彼が源義経の子孫ってことも…?。
違うかw。

んで張飛ですよ。
彼は得物を相手に投げつけたりしません。
っていうか、武器持ちません(笑)。
素手で相手をタコ殴り。
声もでかいし強い強い。
あまりに素手で殴りつけるシーンのインパクトが強すぎて、
思わず思い出しちゃったよ「天地を喰らう」。

なもんで、懐かしいゲームソフトを買ってしまいました。

tenchikita.gif

PS用のゲームは中古品も高値で売買されているようですが、
灯台下暗しというか、このカプコンゲームブックシリーズは
定価で買えたりする。

amazonにて、ゲームで検索しても出てこないんですよ。
和書にて、検索するとヒットします。
メインは本であって、ゲームは同梱扱いだからかな。


カプコン ゲームブックス 天地を喰らうII 赤壁の戦い (カプコンゲームブックス)カプコン ゲームブックス 天地を喰らうII 赤壁の戦い (カプコンゲームブックス)
(2006/10/21)
不明

商品詳細を見る



押入れの奥に眠っているセガサターンを引っ張り出せば
できたソフトなのですが、PSでやるために購入。
いやぁ懐かしいです。
これゲーセンで散々やったなぁ。

続編でないかなぁ~。

カプコンさん、「戦国BASARA」の三国志版を、
「天地を喰らう」を題材に作ってはもらえんじゃろか?


追記:
その後、NIJOさんからの情報により、
死んだのは張遼じゃないことが判明。
やはり、曹洪&張遼と夏侯シュン&魏フンを
取り違えていたようです。
面目ない。

テーマ:レッドクリフ - ジャンル:映画




観てきました~v
拙ブログにも書きましたけれど、
「三国志」をよくわかった上で
エンターテイメントに仕上げている感じがして
面白かったです。

張遼の件。
私はちょっと見分けがつかなかったのですけれど、
こちらのページ
http://www.chugen.net/redcliff/index.html
によれば、死んだのはオリジナルキャラらしいですよ。
【2008/11/14 19:53】 URL | NIJO #-[ 編集]
NIJOさん、コメントありがとうございます。

おぉ英傑群像での特集していたのですね!
細かすぎて、しかもさくら剛氏のコメントまで。
大変楽しませていただきました。

張遼の件は私の思い過ごしでよかったです。

曹洪&張遼コンビと、夏侯シュン&魏フンコンビを
やはり取り違えていたようです。

「オリジナル名の人物は皆死ぬ」のような、
噂も流れておりますね。
甘興やばいです。

逆に周ユは死ななそうですね。

とにかくPart2を楽しみに待つとしましょう。
【2008/11/14 20:12】 URL | トトオ #-[ 編集]
今日TVでレッドクリフIを見ました。想像道理、呉蜀連合軍万歳の映画でつまりませんでした…。歴史を飛躍させ、呉蜀の戦いを過大に表現した内容は、三国志に詳しい自分には少々滑稽ささえ感じました。魏の武将の扱いや、曹操の人間味のない役等あまりに史実に反した内容です。三国志で最も才能があり人間味に溢れた人物は曹操です。その配下の武将も皆豪傑ばかりですが、映画では関羽、張飛、超雲などの蜀側の武将しか良く表現されておらず、あまりに偏った内容に思います。エンターテイメントなのでフィクションや過剰な演出等あるのは当然ですが、あまりに一方的な内容に戦闘シーンにも緊張感が無く、迫力に欠けています。パートIIもどうせ同じような内容だと思いますが、もう少しありのままの赤壁の戦いが見たかったです。本当に残念でした。早く新しい三国志の映画が出てくれる事を心から願っています。
【2009/04/13 00:23】 URL | 三国志辞典 #-[ 編集]
三国志辞典さん、コメントありがとうございます。

>もう少しありのままの赤壁の戦いが

「ありのまま」って言うのが分かりづらいですね。
史実通りにして欲しいという意見を良く見かけますが、
そういう皆さんは「演義」自体に否定的なのでしょうか。

「蒼天航路」のアニメをオススメします。
【2009/04/13 18:01】 URL | トトオ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/05/11 00:46】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



大スクリーン最後の日に慌てて鑑賞。臨場感を味わおうと前の方に着席・・・でかい!とにかく字幕がでかすぎる。 ネタバレ映画館【2008/12/13 18:12】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。