トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pisotorsskai.gif

「ウォンテッド」DVDにて鑑賞。

巷で酷評の吹替え版をあえて見る。
うぅぅ~これは酷い(泣)。
主演のジェームズ・マカヴォイの吹替えが
某ウィッシュさんなのだ。

当ブログでは吹替え版も楽しもうというエントリを
幾度か展開したわけですけど…。
でもこのような暴挙に出る作品が出てくると、
本当にへこみます。

普通に平田さんや浪川さんとかでいいのによぉ~。
でも途中で字幕に切り替えては語る資格なしとばかりに
最後まで意地で吹替えで見ました。

これ劇場にて吹替え見た人かわいそす。


えっ~と、映画自体は面白かったです。
つっこみどころは満載ですけど、この手のアクションもの
には細かいこと言うのも野暮ってもの。
最後のどんでん返しは、あんまし納得いかなかったけど。

主演のマカヴォイ君はどこかで見たことあるなと思ったら、
ナルニアのタムナスさん役の俳優さんでしたか。

いかんせん共演しているアンジーのキャラが濃いので、
目立たないのがたまにキズ…。


イラストはアンジーとジョジョネタよりセックスピストルズ!
映画でのアンジーやマカヴォイ君は、
撃った弾丸の弾道を曲げて戦うのですけど、
やはり始めに思い浮かんだのが彼等でした。

描き終わってから気づいたのですが、
アンジーの銃、リボルバーじゃないやん!
ピストルズはリボルバーじゃないとなぁw。

6体描くのは大変だったけど、楽しかったです。
荒木キャラを描いたのに、鳥山キャラみたいになってしまいました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑参加中です。よろしければクリックプリーズ!

テーマ:ウォンテッド - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。