トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kenjigu.gif
「20世紀少年」の第三部観てきました。
予想以上に納得行く終わり方でした。

突っ込みどころは満載ですが、
それも観終わった後の楽しみということで。

確か唐沢さんをキャスティングした時、
第一部のケンヂじゃなくて、
第三部のケンヂのイメージで選んだって、
どこかで読んだか聞いたかしたんだけど、
その意味も分かったわぁ。


第三部観ると、ケンヂは唐沢さんで良かったと思う。
カンナ役の愛梨ちゃんもそーですね。
第二部では怪しかった演技等も今回は僕的には問題なし。
色々と反論はあろうが、カンナは彼女でよかったと思ったよ。


結構これからDVDやら、TVスペシャルやらで、
色々と肉付きされるんだろうなぁ。
それくらい大事なシーン削られまくってたから。

あぁ~あとか思いつつ、
やったら必ず観ると思います(爆)。


taitatomo.gif
さて、ひとネタ。
ともだちは一つ目タイタンに似てると思います。
分かる人だけ笑ってください…。


さて、コレ以降書くことはネタバレになるのでたたみます。



--------------------------------

注意!

以下ネタバレありです。


この映画、CMなんかで
「原作とは違うエンディング」
ってところに力を入れてプロモしてましたね。

でも観終わって思ったのは、そんなに原作と違わないってこと。

そりゃ細かいところは違いますよ。

原作だとケンヂは例の歌は、結局歌わなかったんだけど、
映画では歌って大団円だったり。
中性子爆弾が、原作だとロボットが踏んで爆発する設定が、
映画ではロボット自体に搭載されていたり。
原作だとともだちは落ちた円盤の下敷きなり死ぬんだけど、
映画では万丈目に撃たれて死んだり。

ココで挙げたのはほんの一部。


結局ともだちの正体がカツマタくんなのは原作と同じ。
でも原作では唐突だったこのカツマタくん。
映画では、子供時代から皆の勘違いで
同窓会の時からすでにずっとフクベエと入れ替わっていた
っていうのは原作よりも納得が行きました。

あと分かってはいたけど、蔵之介さん最高でした(笑)。

個人的にはカンナとキリコの親子対面シーンが欲しかったなぁ。
原作ではあったのに。

まぁその辺は特別編とかに期待しときますか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑参加中です。よろしければクリックプリーズ。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。