トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mashitou.gif

さてさて第152回を迎えました大河三国志。

超久しぶりの三国以外の他勢力より陳登の登場。
ずばり配役は最近よくTVでも見るようになった眞島秀和さん。

はじめ陳登は蜀軍にしようかとも思ったのですが、
元々陶謙の部下ですし、他勢力に分類させてもらいました。

陳登といえば、父親の陳珪とともに、
陶謙から徐州を引き継いだ劉備をサポート。
その後徐州を乗っ取った呂布を追い出すことに成功したりと、
その策謀家ぶりが印象深いですね。

そんな三国志序盤の切れ者陳登に眞島さんはどうかと。

ぶっちゃけると最近「ゲゲゲの女房」にはまっていて、
そのドラマ中に出てくる「週刊少年ランド」の編集長、
豊川悟役の眞島さんを描きたかったんですよね。

水木先生に一度宇宙モノで漫画を描いてもらえるよう
頼みに行くのですが断られ、しかしその後
「テレビより面白い作品を」と水木先生躍進の代表作、
「てれびくん」が世にでるきっかけを作った。

そんな豊川編集長の姿が、陶謙より徐州を引き継ぐよう
劉備を説得した陳登の姿に通じるのではないかと。

はい、いつものようにこじ付けではありますが…。


さて、陳珪は誰がいいでしょうかねぇw。


テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。