トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ateamda.gif
よぉぉし!
吹替版のススメ第18回。
今回は映画化としてリメイクされた「特攻野郎Aチーム」。

TVシリーズ(勿論吹替え)のファンだった僕にとっては、
楽しみにしていた映画化でございますよ。

そしてTVシリーズからキャスティングが一新され、
吹替え版の声優陣も一新されたので吹替え版で見ました。

吹替え配役は以下の通り。
以下敬称略。


ジョン・スミス大佐/ハンニバル:菅生隆之
テンプルトン・ベック中尉/フェイス:堀内賢雄
B.A.バラカス軍曹/コング:乃村健次
H.M.マードック大尉/クレイジーモンキー:多田野曜平
キャリサ・ソーサ大尉:岡寛恵
リンチ調査官:木下浩之
ブロック・パイク:山路和弘
ラッセル・モリソン将軍:羽佐間道夫



ここでもヒロインは岡さん。
岡さんたくさん出ててすごいな。
抜群の安定感だな。

パイク役の山路さん。
こういう小悪役も上手いよね。



ではAチームの面子について。

ハンニバル役のリーアム・ニーソン。
やはり彼のフィクス声優というと一番に思い浮かぶのは
津嘉山正種さんだな。
「スターウォーズエピソード1」のクワイ=ガン・ジンとか、
「タイタンの戦い」のゼウスとか、
ナルニアのライオン王アスランの吹替えも
リーアム・ニーソンなんだけど、
吹替え版では津嘉山さんだったな。
あとは「バットマンビギンズ」の佐々木勝彦さんとか、
「シンドラーのリスト」の堀勝之祐さんとか、
「96時間」の石塚運昇さんとか。


でも今回のように菅生さんが吹替えるのは
過去作品では思い浮かばない。
菅生さんといえばトミー・リー・ジョーンズのフィクス。
勿論ボスのCMシリーズでも吹替えてる。
トミーもリーアムも激渋俳優だから菅生さんの声が
合わないわけはない。
結論を言うと最高でした。


次はフェイス。
優男(やさおとこ)を演じさせたらこの人。
堀内賢雄さん。勿論はずさない。完璧。
賢雄さんの吹替えは、普通のイケメンよりも、
ちょっと女にだらしない、チャラいイケメンに限る(笑)。
絶体絶命のピンチな状態に陥っても、
笑いながら敵をいじるようなキャラ。


マードックの吹替えは多田野さん。
TVシリーズのマードックの吹替えは故・富山敬さん。
多田野さんといえば、富山さんというより山田康雄さんの
後継者という印象ですね。
富山さんの後継者といえば、山寺宏一さんが思い浮かぶ。
「宇宙戦艦ヤマト」の古代進や、「ヤッターマン」のナレーション
など、代表作を引き継いでいるからね。
でも今回のマードック役のシャールト・コプリーが、
多田野さんにピッタリなんだな。
山ちゃんだとちょっと声がかっこよすぎる(笑)。
多田野さんごめんなさい。


そして最後はコング。
吹替えは乃村さん。
すみません…、僕は乃村さんというと、範馬勇次郎のイメージ!
コングは素手で戦車潰せそうなので(笑)、
乃村さんの声はピッタリだな!

コングについて全然関係ない話にそれるけど、
その昔映画「スリーキングス」見たときは、
アイス=キューブが次のコング役ピッタリだと思ってたんだけどなw。
         ↓
threking.jpg


さて最後に、この「特攻野郎Aチーム」吹替え版で
受けた衝撃について。

それは…

トム・クルーズが「ミッション・インポッシブル」で、
TVシリーズへの決別方法としてとったアプローチと、
「特攻野郎Aチーム」の吹替え版がとったアプローチが、
同じだったと言う衝撃。


ですが、これを説明するには映画内容の重要な点において、
ネタバレになってしまうので畳ませていただきます。


もう映画を観たという方か、
ネタバレしても良いと言う方のみ、
読んでみてください。


それでは長々と読んでいただいた方
ありがとうございました!
---------------------------------


さてここからはネタバレがありますので注意願います。



トム・クルーズが「ミッション・インポッシブル」で、
TVシリーズへの決別方法としてとったアプローチと、
「特攻野郎Aチーム」の吹替え版がとったアプローチが同じとは
どういう意味なのか語っていこうと思います。


今回の「特攻野郎Aチーム」において、TVシリーズ好きには
たまらない演出と言えば、エンドロール後にTVシリーズで、
マードックを演じていたドワイト・シュルツと、
フェイスを演じていたダーク・ベネディクトがカメオ出演してること。



そしてTVシリーズの吹替え版好きにたまらい演出と言えば、
そのダーク・ベネディクトの吹替えをTVシリーズで吹替えていた
安原義人さんをわざわざ一言の台詞のために起用していること。


そして今回ハンニバルの上官モリソン将軍の吹替えが、
TVシリーズでハンニバルを吹替えていた羽佐間道夫さんだってこと。

なんだけど…。

そうなのです。
このモリソン将軍。

実は裏切り者で、Aチームのメンバーに濡れ衣を着せた
張本人だったのであります!

そして結局物語の途中で死んでしまう。

エェェェェェェ!

羽佐間さん(泣)!!


映画「ミッション・インポッシブル」において、
トム・クルーズは自分が演じる主人公イーサン・ハントを
新しいチームのリーダーとして印象付けるためなのか、
「俺がこの映画化の権利買ったんだぜ!」と言いたかったのか(笑)、
第1作目にて、TVシリーズの主人公ジム・フェルプスを
裏切り者としてラスボスに仕立て上げて殺してしまった。

演じている俳優こそジョン・ボイドに変更してたけど、
それはTVシリーズファンにはショックな出来事だった。


何かその時ほどじゃないけど、モリソン将軍の正体発覚の時には、
同じような衝撃を受けたよw。

何か羽佐間さん演じるハンニバルが裏切ったような感覚。
考えすぎなんだけどね。

実際TVシリーズでハンニバルを演じたジョージ・ペパードは
すでに亡くなられているしね。



それから発売されたDVD、BDには羽佐間さんによる
オーディオコメンタリー「ザ・Aチーム談義」が収録されているのだが、
実はレンタル期間ギリギリで見てしまったため、僕はこの特別収録を
聴くことなく返却してしまったのだ!

しかも返却してからこの事実に気づくと言う
二重にミスを犯してしまったのだ!


それを聴かずにここまで長々と書いてしまったが、
もしそこで羽佐間さんがどう語っていたかによっては、
丸々見当違いなことを書いてしまったのかもしれない。


そのうち再度この特別収録を聴いた時にでも、
また今回のエントリを再考察してみたいです…。

最後がそんなオチで申し訳ありません。

テーマ:イラスト付映画感想 - ジャンル:映画




初めまして。羽佐間さんのコメンタリーですが、
残念ながらレンタル版にはありません。
セール版にならございますので、
大変お手数ですが、ぜひとも購入いただき、
視聴ください。
ちなみにBD、DVDともに収録されています。

羽左間さんだけでなく、TV版演出だった伊達康将さんも
コメンタリーに参加されてます。
Aチームだけでなく当時の吹き替えの状況、映画、その他のお話も盛りだくさんですので
この機会にどうぞ。
【2011/02/27 10:04】 URL | bobo #halAVcVc[ 編集]
おぉぉ~そうなんですね。
貴重な情報ありがとうございました!

これは是非聴いてみたい!
懐と相談しつつ購入も検討したいです。

【2011/02/27 10:57】 URL | トトオ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。