トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

Selected category
All entries of this category were displayed below.
namasehose.gif

すみません。
だい~ぶお久しぶりの大河三国志。

第125回は蜀より法正の登場です。
ぷぢたさんによるコメントと、
最近やってる「無双OROCHI再臨」
によりモチベを頂き描きました。

法正の僕のイメージは本当私的なんですが、
教頭先生なんですよね。
それか検事さんタイプ。
あくまでも弁護士ではないですよね(笑)。
孔明が校長、弁護士タイプとすれば全く逆って感じ。

頭は切れるし、冷静沈着、クールなんだけど、
どこか狡猾で執念深い。
孔明とも仲悪かったって言うし。

と言うわけで、誰がいいかなと考えた末、
生瀬さんにしました

ちょうど、ドラマでも生瀬さんが教頭やってる、
「ごくせん」が第3シーズン放送中ですし(笑)。

どうも眼鏡かけさせないと似なかったんで、
八嶋李典以来眼鏡かけさせちゃいました。
申し訳ない。

テーマ:三国志大戦3 - ジャンル:ゲーム

ogurisaku.gif

さて本当久々に大河三国志イラスト描きました。
関索を小栗くんで。

んで蜀軍より、関羽の三男、関索をチョイス。
配役はずばり今一番注目の俳優小栗旬くん。
描いてる最中に今日たまたま「情熱大陸」が
小栗くんだったので、かなり驚きました。
本当偶然です。

関索といえば、「花関索」のイメージがあるので、
強くて、色男っていう俳優さんがいいなと。
まぁ小栗くんなら、現在上映中の映画「クローズ」では、
かなり武闘派として熱演しているし、テレビでも
「花より男子」や「イケメンパラダイス」と大活躍。
でも今日の「情熱大陸」で見た限りでは、
今の人気絶頂ぶりにも驕ることなく、
「純・俳優」として取り組んでる姿を見て、
なおさらその一本気なところが合うのではないかと。

んで、関索とくればその妻・鮑三娘を誰にするか。
映画「あずみ」で小栗君と競演した主演のあの娘にしようかな。




>> Read More
bataiyuta.gif

三国無双5も気になりますが、第118回ですよ。
馬超の従兄弟、馬岱の登場です。

色々迷った挙句、竹野内豊さんです

馬超を反町さんにしたので、「ビーチボーイズ」
つながりであるわけなのですが…。
実はそれだけじゃないです。
竹野内さんと言えば、所謂熱い役より、感情を表に出さない
物静かな役の方が合うんですよね。
演技力に問題があるからだとも言われたりしますけど(爆)。
でも僕は「世紀末の詩」大好きだったんでそんな風には、
特別思ったりはしないんですけどねぇ~。

馬岱は孔明に魏延が裏切らないよう監視する密命を受け、
それを長年に渡って忠実に実行する。
そんな、多くを語らず忠義に厚い彼には
竹野内さんがいいのではないかと。

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

goiken.gif

第118回は蜀軍より、呉懿の登場。
袁家の長男はちょいと保留で(汗)。

呉懿にはずばり田中健さんをキャスティング。
「功名が辻」や「利家とまつ」など、大河にも常連。
刑事役などの名脇役から、旅番組の案内役、
そして忘れちゃならないケーナ奏者として、
多岐にわたってご活躍されてますね。

呉懿と言えば、劉璋の配下として活躍しながら、
趙雲に敗れ蜀に投降。
その後実妹が劉備に嫁ぎ、親族になるなど、
派手さはないが重臣として活躍。
そんな渋い武将に田中さんはピッタリではないかと。

それから以前妻夫木くんもそうだったのですが、
これまたコー○ーの「三国志11」の呉懿が、
田中さんにそっくりなんですよねぇ(笑)。
>> Read More
tamakikou.gif

連日エントリ!
ゾロ目の第111回は蜀軍の関興です。
ばれちゃったので早めにアップ(笑)。
玉木宏くんです。

これは張苞に配役した山本さんとセット。
N○Kドラマ「氷壁」のイメージ。
二人とも登山家で親友役でした。
山本さんはドラマの中で登山中滑落死。
張苞とは滑落死つながりでもあったわけです。

そのドラマでのコンビも良かったですし、
それから某パソコンのCMでも共演してますし。

張苞と関興といえば、先鋒争いを始めて、
劉備に窘められ、義兄弟の契りを結びます。
張苞の方が年上だったんで、兄になるわけですが、
山本さんも玉木くんより6歳年上。ピッタリ。

玉木くんは何かとルックスばかり取りざたされますが、
演技も巧くて、好感持てますよね~。
「のだめカンタービレ」の千秋真一も最高でしたが、
先日放送された謙さんとの共演「星ひとつの夜」も良かった。

初めて彼を画面で見たときは、アフロ姿だったのに(笑)。
まぁリンク先は坊主頭ですが…。
tarohou.gif

第110回は蜀軍より張飛の長男張苞の登場。
この父親譲りの猛将には山本太郎さんを配役。

これは大河ドラマ「新選組!!」の原田左之助役のイメージ。
張苞にはやはり、父親のように豪快な武将であって欲しい。
冷静沈着というよりは猪突猛進系と言いますか。

そうなるとやはり山本太郎さんってことになるんだな。
行動はガサツながら義に厚い役はピッタリですからね。
詳しくは次回の関興をエントリする時に言いますが、
二人が義兄弟の契りを結ぶエピソードもはまります。

イラストですが山本さんより、藤島親方(元貴乃花)に似てしまった(汗)。

>> Read More
kagawaha.gif

GW皆様いかがお過ごしですか?
更新頑張ります第103回です。
蜀軍(何か違和感)より夏侯覇の登場。
これまた実力俳優香川照之さんをキャスティング。

ジョーくんに続いて、映画「ゆれる」の好演が記憶に新しい。
リンクを貼った先の新聞記事の中でも語られてますが、
名脇役として、主役を監督とハメる作業が面白いと仰ってます。
とにかく役への入り込み方が尋常じゃないらしいですね。

NHK大河ドラマも常連。
「利家とまつ」の豊臣秀吉役、そして「功名が辻」の六平太。
「葵徳川三代」、「八代将軍吉宗」に「春日局」にも出てる。

そんな香川さんには、これまた三国志終盤の重要人物、
夏侯覇にピッタリではないかと。
夏侯淵の長男として、魏で多くの功績を挙げるも、
クーデターを起こした司馬懿へ反発し、蜀へ亡命。
蜀へ帰順してからは姜維の片腕として活躍。
これまた数奇な運命を辿った人です。
仕える国を変えるという、心の葛藤を演じきって頂きたい。

それから先にも書いたとおり夏侯覇は魏の名将、
夏侯淵の息子。いわば魏軍のサラブレット。
香川さんも、三代目市川猿之助さんと浜木綿子さんの息子。
これまた俳優界のサラブレット。
血筋の良さもピッタリなのではないかと(強引か…)。
kinpachi.gif

一日遅れで申し訳ありません。
第101回目は、久々の蜀軍より趙累です。

多くは説明しませんが(爆)、101回目ってことで
武田鉄矢さんです
現在「夫婦道」でも好演なされてますね。

武田さんと言えば金八先生。
金八先生と言えば武田さん。
先生ってことで、学問系の文官や、国語の先生から、
名前の響きで呉懿もいいかなぁとも思いました。

でもここは敢えて趙累。
色々と理由があるのですがひとつひとつ見ていくと…。

武田さんは結構NHK大河ドラマ常連。
「功名が辻」の五藤吉兵衛役が記憶に新しいところ。
その他印象深いのが「徳川家康」での秀吉役。
主君である一豊に仕える吉兵衛の姿から、
やはり主君に尽くす忠義の将がピッタリ。
んでもって、「徳川家康」においての家康役を
演じたのが関羽に配役した滝田栄さん。
だから武田さんに関羽に仕えた将に配役したかったんす。

ならば「蒼天航路」では、関平の教育的役割もしていた
趙累がいいのではないかと。教育つながりで(笑)。

武田さんと言えば「白夜行」での刑事・笹垣潤三役も
好印象だったんで、そちらのイメージも考えたんですけどね。
20070310120145.gif

やべぇ~3月初エントリです。
蜀軍より厳顔です。
先月の中頃にはペン入れまで終わってたんですがね…。

まぁそれはおいといて上田耕一さんです。

厳顔と言えば、黄忠と老将コンビで大活躍。
張飛に捕らえられても媚びることなく一喝。
この姿に感じ入った張飛に厚く遇されたエピソードも。

上田さんは、舞台・映画・テレビを問わず名脇役として大活躍。
伊丹十三監督作品の常連でしたし、映画「ゴジラ」に12作連続で
出演なされているのは、実は上田さん只一人なんですよ。
あとその昔、「超人バロム1」の変身後の声もなさってたようです。
そんなことからも正に大ベテラン俳優さん。

僕の勝手なイメージだと、上田さんは「The Best of 村長俳優」(笑)。
村長さんやらせたら一番だと思うんですが。

てな訳で、厳顔は厳しい顔が印象的な上田さんで(爆)。
josyoreo.gif

さて節目の第90回は蜀軍より軍師徐庶。
落ち着き払った声が魅力な森本レオさんです。

これも意外なキャスティングと思われるかもしれません。
以前から徐庶はエキセントリック(風変わり)な
俳優さんにしたいと言ってましたから。
軍師もそうだけど、それ以前の撃剣の使い手だったイメージ。

ところで森本さんの「レオ」という名前の由来をご存知でしょうか?
その昔ラジオ番組内で、自分の一人称「俺」が、
規制により使えなかったらしいんですよ。
でも森本さんは、自分の名前を森本オレにすればいいだろうって
言ったんだけど結局認められず、オレを反対にしてレオにしたと。
ここまではウィキペディアからの引用。

でも僕が以前TVで森本さんが言っているのを見た時は、
先輩から「俺」何て言うのは生意気だと言われたから、
じゃあレオならいいだろうってのが理由とのことでした。
まぁどちらにしろ、氏はかなり変ってて、頑固だったらしいです。

何かそんな「名前」に関するエピソードがあるところも徐庶に通じる。
先日も石原○理子さんの暴露本に登場したりと、
こちらは噂の域を出ませんが、昔ヤンチャしてたのも、
徐庶に通じるかな(爆)。

それから忘れちゃいけないのが、NHK人形劇三国志。
孔明の声を担当されていました。
その美声は大軍師諸葛亮にピッタリでした。
よくドラマをリメイクする時なんかに、前作の主演俳優さんを、
続編にカメオ出演させたりしますよね。
主人公の上司役だったり、親や兄弟役だったり。
なんで、是非人形劇では孔明役だった森本さんに、
今度は孔明に花道を用意する、徐庶役をやって
いただきたいのです。

いやぁ今回のエントリはかなり長くなってしまいましたな。
イラストの森本さん、後ろ髪がはねていますが、
勿論あの作品の影響です(笑)。

さて100回まで後10エントリですぞ!
来月中には達成したいね。

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑参加中です

Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.