トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

Selected category
All entries of this category were displayed below.
gyukinwaki.gif
さて2009年一発目。
第138回を迎えました「大河三国志」。

魏軍から牛金の登場。
予告どおり、丑年にちなんで、牛のつく牛金。

その牛金には、昨年末にプロレスにもデビューした、
脇知弘くんを配役。
デビュー戦もタッグマッチながら見事勝利。
タイムリーで良いかなと。

牛金といえば、曹仁の副将のイメージ。
って言うかそれが全てってくらい、エピソードがない。
ゲームでは常連なのになw。

曹仁の命令を無視し暴走し敵に取り囲まれるが、
そこを曹仁に救われ、その後は成長し活躍。
やはり、曹仁の引き立て役だよな。

そんな牛金には、学園ものなどには不可欠な名脇役、
脇くんがピッタリなのではないかと。

やはりいの一番に思いつくのが、
ドラマ「ごくせん」の熊井輝夫役。

年末「ごくせん」の第3シリーズ再放送してましたね。
少しだけ見たんですが、やはり物足りない。
勿論すでに3シーズン目なので、
物語に新鮮さがないってのもあると思うんですが、
やはり脇くんのようなキャラが
メイングループの中に居ないとなぁ。
本当少しだけ見ての印象なので、
反論もあろうかと思いますけど。

イラストですが、牛「金」ということで、
鎧を金色ベースにしてみました。
「牛」金ということで角も付けてみました。
ん~黄金聖闘士みたいになってしまった(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしければクリック!

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

gorokyotyo.gif
第134回を迎えました「大河三国志」。

そういえばアップしてなかった許チョの登場。
これは彼しか考えられない伊吹吾郎さんで配役。

許チョはその剛力っぷりが有名ですが、
「虎痴」って呼ばれるほど、抜けたところもあるイメージ。

伊吹吾郎さんと言えば、「水戸黄門」での角さんの様な、
がっしりした偉丈夫役が似合う俳優さん。

でもフジテレビのバラエティ番組、
「環境野郎Dチーム」にて、
そんな伊吹さんのお茶目というか、
真面目過ぎるゆえの抜けた感じが、
遺憾なく発揮されたために、
これはもう許チョは彼以外には考えられなくなりました。

伊吹さんなら、牛を引きずって歩く姿も様になりそうです(笑)。

イラストあまり伊吹さんに似てなくて申し訳ない。

許チョってよく考えると、どんな武器持たせようか迷いました。
結局、無双なんかで持っている棍棒の二刀流にしてみました。




テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

tsutsumiyo.gif
第133回は、予告どおり、
前回陸抗の好敵手、羊コの登場です。

映画「容疑者Xの献身」より、堤真一さんです

「容疑者Xの献身」では数学者役。
堤さんの出世ドラマ「やまとなでしこ」でも数学者役。
ということで、軍師系もはまりそうですね。

堤さんは孫策、甘寧でも候補に挙がってました。
今が旬の幅が広い役者さんですからね。
誰演じてもバッチリだと思います。

最近、色々な映画やドラマにひっぱりだこで、
現在の邦画の勢いの一役を担っている堤さんですが、
やはり、ここまで有名になる前は、
SABU監督作品に欠かせない役者さんってイメージ。
「弾丸ランナー」、「ポストマン・ブルース」、
「アンラッキー・モンキー」とか。
劇団☆新感線時代は知りません。

最近出演された映画といえば、
「ALWAYS 三丁目の夕日」や、「クライマーズ・ハイ」、
「舞妓Haaaan!!!」なんかがありますが、
やはり楽しみなのは来年公開予定の「SP劇場版」。
尾形さんは白なのか黒なのか気になりますね…。

羊コと言えば、その死ぬ間際、杜預に後を託すわけですが、
その杜預役には誰がいいだろうか?
「SP」、「フライ、ダディ、フライ」で共演した彼がいいだろうか?
イメージが違うな。

それから司馬炎の下で何となくライバル関係にある、
賈充役は誰がいいかな。

んでもって、羊コが夏侯覇の娘を娶るエピソードから、
仲を取り持った夏侯威役も、夏侯覇役に配役した、
香川照之さんとからめて配役考えてみます。

>> Read More

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

egusyo.gif

「大河三国志」の第129回は
前回の司馬師の弟である司馬昭。
江口洋介さんです。

前々から匂わせてましたが、
映画「少林少女」のプロモーションを見て、
仲村トオルさんとセットにしてみたかったのです。
「少林少女」は見たことはないんですが…。

司馬昭と言えば、晋の初代皇帝司馬炎の父親。
その司馬炎にはオダギリジョーくんを配役しましたね

江口洋介さんですと、どうしても「ひとつ屋根の下」の、
あんちゃんを思い浮かべてしまうのですが、
ここはあえて司馬兄弟の弟の方で。

テーマ:歴史上の人物 - ジャンル:学問・文化・芸術

sibasinaka.gif

久々の更新申し訳ない!

当ブログイチオシコンテンツ、
「大河三国志」の第128回は
魏軍より司馬師が登場。
配役はズバリ仲村トオルさんです。

仲村トオルさんの新人時代は、
「ビーバップ・ハイスクール」と「あぶない刑事」の
イメージが強く、どちらかというとコメディ系。

でも最近では、
渋い刑事役だったり、クールな悪役など、
ドラマ、映画に欠かせない俳優さんに。

そんな仲村さんには、三国志終盤の大物の一人、
司馬師はいかがかと。

司馬師は司馬懿の跡を継ぐも、その遺言
「何事も慎重に進めよ」
を守らず専横に走っちゃうわけですが、
カン丘倹の乱を平定したりと、
やはりそれでも有能だったのでしょう。

名門、邪悪、有能ていうキーワードが仲村さんにピッタリかと。

実は次にアップ予定の司馬昭の時にも
詳しく書きますが、司馬昭に配役予定の俳優さんと
セットで考えた末、司馬師にしたんですよね。

誰かと言うと、ヒントは映画「少林少女」。
この映画実は観てないんですが(汗)、
上映時頻繁にこの二人+柴咲コウちゃんでプロモしてました。

ではお楽しみに。



ブログランキング・にほんブログ村へ
↑他にもオモローなブログを探そう!

テーマ:三国志 - ジャンル:学問・文化・芸術

teikurenzi.gif

第114回はまたまた魏軍より程イクです。
この名参謀には石橋蓮司さんをキャスティング!

これはもう前々から決めていた配役。
これまた「蒼天航路」内の程イクのイメージなんですよ。

石橋さんと言えば昔は犯人や極道の役が多く、
怪優の名を欲しいままにした方ですが、
最近では、ベテラン刑事だったり、厳格な父親だったり、
宗教家だったり村長だったり多種多様な演技をなさります。
「風林火山」にも今川家の重臣庵原忠胤役で出てらっしゃいますね。

程イクといえば、袁紹との戦いで進言した「十面埋伏の計」や、
徐庶を引き入れるために母親を人質にしたのように、
どこか冷徹な軍師っぷりを見せたかと思えば、
日輪を掲げた夢を見たために名前を変えちゃうような面も見せる。

そんな冷静沈着な面持ちの中にも、どこかコミカルさが
垣間見えるようなところが共通するのではないかと。

石橋さんが日輪を掲げている姿がピッタリだと思うんス。
>> Read More
hosokaki.gif

第113回は魏軍の政治家華キンです。
ここで登場の細川俊之さんです。

ちょうど僕のもうひとつのブログで似顔絵描いたので
ちょうどよいかなと(爆)。

華キンといえば、「正史」では理想的な官僚として描かれています。
何進→袁術→孫策→孫権→曹操→曹丕と仕える君主を変え、
曹丕が王位につくと相国となり、皇帝即位に尽力。
その後曹叡にも仕えた息の長い方ですな。

でもです。
やはり、「演義」での献帝に曹丕へ禅譲するよう脅したり、
伏皇后を殺害した印象が強く、冷酷なイメージがありますね。
沢山の君主に仕えたことからか、ゲームで裏切りやすいし(笑)。

そんな能力は疑う余地はないけど、ダーティなイメージの
彼には、やはりダーティなイメージの細川さん。
その重厚なバリトンボイスと、眠そうな眼(爆)が
陰謀系の役にはまるんですよね~。

えなり献帝にせまる細川華キン。
「陛下、漢室の命運尽きたるはもはや明らかでございます…」
いかがでしょうか。
hotokuhiro.gif

第108回は魏軍が続きますがホウ徳です。
死んで忠義を貫いた程の義に厚い彼には藤岡弘、さんを配役。

藤岡さんといえば、武力は問題なし!
刀道七段、抜刀道四段、柔道三段、空手初段。
しかも手裏剣まで習得されているんですから。

ホウ徳は忠義の士ながら、どこか不器用な感じがします。
関羽との決戦を前に自らの棺桶を作り出陣。
馬騰の配下だった時期にも、敵の大将郭援を討っておきながら、
周りに指摘されるまでそれに気づかなかったエピソードも。

それからホウ徳といえば、常に白い馬で出陣したことから、
「白馬将軍」と呼ばれていました。
…もう皆様お分かりですね(笑)。
藤岡さんの代表作品、「仮面ライダー」ですよ。
白い「馬」ではないですけど乗ってましたよね(爆)。
イラストも何箇所か悪ふざけしちゃいました。

因みに藤岡弘、さんの「、」ですが、間違って付けてる
わけではありません。
「我未だ未完成なり」って意味で名前に付けてるんですよね。

藤岡さんはN○K大河ドラマで2度信長演じてるんですね。
「おんな太閤記」と「春日局」ですか。
だってなぁ刀道七段だもんなぁ(しつこい)。

gihumatsu.gif

第107回は魏諷です。
「セクシーボイスアンドロボ」出演中の松山ケンイチくんです。

魏諷は「演義」には出てこないんですよね。
実はこの人「蒼天航路」に出てくるまでは全然知りませんでした。
なので、始め「蒼天航路」のオリジナルキャラがとうとう出たのかと、
本気であせったものです(汗)。お恥ずかしい。

魏諷と言えば、曹操が劉備と漢中で戦うための留守の時を狙い、
反乱を起こそうと画策したが、裏切り者の密告によって発覚、
曹丕に捕らえられて処刑されてしまった人物。
その反乱には、文欽や張繍の息子張泉、王粲の二人の息子
などの大物も参加していました。
魏諷は人心の掌握に長け、扇動する能力に巧みだったようですね。

松山ケンイチくんと言えば、これまた若手注目株の俳優。
「セクシーボイスアンドロボ」以外で記憶に新しいのは、
スピンオフも決まった「DEATH NOTE」でのL役。
「DEATH NOTE」の映画化決定時に発表された配役で、
一番の不安要素だったんですが、蓋を開けてみれば
一番原作にはまっていました。
なので今回のイラストは少し目にクマがあります(爆)。

彼は役作りへのこだわりがハンパないらしいですね。
ロボ役はこっちが引くくらい役に入ってますし(笑)。

そんな彼なら、優秀ながらどこか危うい感じな魏諷にあいそう。
でも本当魏諷って「蒼天航路」のイメージだけで決めてしまった。
>> Read More
yakusyogai.gif

かなり間があいて申し訳ありません…(汗)。
一週間7人連続アップのトリは魏軍より艾です。

これは陸さんのオススメにもありました役所広司さんです。
役所さんと言えばこれまた世界に誇れる名優。
なので、蜀を滅ぼした魏の大功労者艾が相応しいのではないかと。

艾と言えば、姜維の北伐を悉く防ぎ、毋丘険・文欽の反乱も鎮圧。
「済河論」を書いて運河の開通を司馬懿に採用されたり。
その活躍は多岐に渡ります。

役所さんと言えば、三谷作品でコメディを演じたかと思えば、
黒澤清作品のようなサスペンスモノでも存在感ある演技。
ジャンルを、というか国籍を問わないその活躍振りは凄いの一言。

「剣閣を迂回し成都を奇襲する」と言う、それまで誰もが
バベルの塔」の如き空想的で実現不可能な計画と思っていた
作戦で蜀を滅亡に導いた艾は役所さんで(笑)。

Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.