トトオが映画・ドラマ・アニメなどのキャスティングについて、イラストまじえあれこれ語るブログっす。

Selected category
All entries of this category were displayed below.
syokako.gif

もう勢いで更新です。
第94回は再び呉軍より、孫尚香。
これまた「どろろ」の演技が記憶に新しい柴咲コウさんです。

孫尚香といえば、孫策、孫権の妹君で、劉備に嫁ぐんですよね。
しかも美しく、「強い」!
甲冑姿の女性兵士を傍らに置いていたそうで。

そんな美しくて強い孫尚香は、目に力強さを感じる女優、
柴咲さんしか居ないんじゃないかと。
「強い」ってことから天海祐希さんも捨てがたかったんですけど。
「どろろ」つながりで柴咲さんに軍配。


--------------------------

さてオロチなんですが…。
ゲームとしては面白いです。
無双バーストとか燃えます。

がしかし…。
シナリオがお粗末…。
そもそも三国時代と戦国時代が一緒になるって言うのが無理がある
のにそれに物語つけようっていうんですから…。

呉シナリオで始めたら初期の3人が孫策と家康と半蔵なんですけど。
はい?
まぁ公謹がすぐ仲間にはなるんですが。

この展開に馴れるのにまだ時間がかかりそうです。
tumakan.gif

syukyon.gif

長らく更新せず申し訳ありませぬ。
今日発売日の「無双OROCHI」を買いながら、やりたいのを我慢し、
黙々とイラスト仕上げましたよ(笑)。
一気に2人アップ!!

第92、93回は朱桓&朱拠兄弟。
予告していた通り、妻夫木聡瑛太です。
この二人の配役は映画「どろろ」を観た影響。

「どろろ」で彼らは百鬼丸と多宝丸という兄弟役でした。
始めは兄弟同士と知らなかった二人でしたが、
最後には和解し、旅を続ける百鬼丸が体を全て取り戻すまで、
国を安んじ待ち続けると誓った多宝丸。
そんな二人をこのブログでも兄弟役に配役したかったんです。
んで考え抜いて朱桓と朱拠に。

「どろろ」は妖怪映画。
朱桓と言えば、妖怪「飛頭蛮」を使用人にしていたなんて
逸話もあり、ピッタリなんじゃないかと。
じゃぁ「飛頭蛮」役は、土屋アンナちゃんでもいいのかも(爆)。

あと、コー○ーさんの「三国志11」の朱桓がの面影が、
心なしか妻夫木くんに似てるのだよ(笑)。

瑛太を朱拠に配役したのは、後付で申し訳ないんだけど、
勇猛果敢で、知勇に優れた将だったらしいので良いのでは。

-------------------------
さて、オロチをするかな。
「戦国無双2」はやったことがないのでどうなんだろ。
プレイしての感想もちょこちょこと報告します。

最近仕事が忙しかったりするんで更新が滞るかもしれません。
でも一番の原因はJリーグが開幕したからかな(笑)。
本日もビッグスワンへ行っておりました。
okuratin.gif

第85回は呉が続きます、陳武です。
ここはナイロン100℃の大倉孝二さんで。

陳武と言えば黄色い顔に赤い目と、異様な容貌でよく語られます。
そんな陳武は、異色中の異色、実力もピカイチな大倉さん。
「ピンポン」でのアクマ役でのスキンヘッドには驚かされました。

今度の映画「大帝の剣」でも、白塗りの怪しい役(笑)。
猛毒の吹き矢で攻撃するらしいですね。
まぁそれが陳武らしいかどうかはさておき…。

「演義」だと、木の枝に衣服がひっかっかたところを、
龐徳に討たれてしまうんですよね。
そんな不運さも、大倉さんのイメージにあるよーな。

イラストはちょっと顔の肌だけ黄色味を帯びさせました。
眼も瞳ではなく、白目を少し赤くしました。
寝不足なんでしょうか(笑)。

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑参加中です。
tabakaku.gif

連休は毎日更新できました!
第84回は諸葛恪です。
諸葛恪の「恪」って、きへんじゃないんですね…。
そんなことに今頃気づきつつ、田辺誠一さんです

諸葛恪といえば、諸葛謹の息子。
あまりに頭がいいので、逆に諸葛謹にその未来を危ぶまれた程。
結局その危惧は後に現実のものになってしまうのですが…。
前回の楊修に引き続き、その高い能力が逆に仇になった格好。

そんな諸葛恪には大河ドラマ「風林火山」で、小山田信有役の
田辺さんがハマるのではないでしょうか。

小山田信有といえば、父親を武田信虎に殺され、
その軍門に下りながらもその緻密な知略を発揮していく。
知勇兼備で勘助のライバル関係になる名将。
でも勘助とは違い、一歩下がった位置から冷めた目で見ている。
諸葛恪に通じないかなぁと。

あと、諸葛謹に配役した佐々木さんと面影が似ているので、
親子役にピッタリだと思うんですけどね。

何か予告と違うエントリですけど、御容赦の程。

李儒は、配役にした俳優が勿体無い気がしてきて再考中。
雷銅は、俳優の似顔絵がやはり気に入らないのでリテイク中。
呉蘭はやはり配役再検討。
先に陳武をあげるかもです。
お楽しみに。

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑参加中です
kichisaku.gif

記念すべき第80回は小覇王孫策。
中井貴一さんです。

これはかなり賛否両論があると思われ。
僕自身かなり迷いました。
孫策候補は他にも沢山いました。
堤真一、陣内孝則、江口洋介、舘ひろしなどなど。
一時は堤真一で決まってたんですけど、土壇場で代えました。

中井さんは、今上映中の「どろろ」から、「陰陽師」、「梟の城」と
特撮系時代劇にも良く出演されています。
それから「武田信玄」で主演されたことを筆頭に、「武蔵」や
「義経」などのNHK大河ドラマにも常連。

武力的にも将器的にも問題なし。
「義経」で頼朝を演じているので、兄貴的要素も申し分なし(笑)。
映画「ヘブンアンドアース」で中国モノも経験済み。

中井さんなら激シブな孫策を演じられるのではないかと。

にほんブログ村 歴史ブログへ
↑参加中です。
takahan.gif

第71回は再び呉軍より、潘璋です。
高杉亘さんです。

もうこれは「踊る大捜査線」のSATの草壁小隊長のイメージ。
潘璋といえば、黄祖軍の蘇飛、そして言わずもがな関羽を捕らえた武将。
まぁ関羽の場合は潘璋の部下の馬忠が捕らえたんですけど。
現場(戦場)で犯人を捕らえるプロってことでハマリ役かと。

潘璋は金遣いが荒かったようですが、高杉さんはどうだろう(笑)。

さて来ました来ました!
第70回の節目は、呉より陸遜です。
今巷で話題になっている(笑)、谷原章介さんです
いやぁ、全然狙ってないんですけどね。

陸遜と言えば、身の丈は高く、玉のように美しい顔、
そして由緒正しい陸家出身で、孫策の娘を娶ってる…。
絵に描いたような高身長、高学歴、高収入の3高の持ち主。
もうこれは、そういう役を演じることが多い谷原さんだなと。

陸遜って、最期は不遇を囲ってますんで、「新選組!」での
伊東甲子太郎役の演技がはまるんじゃないでしょうか。

「蒼天航路」で呂蒙が陸遜に「くそっ、かっこいいな!」っていう
台詞を吐くんですが、その台詞が好きなんですよね(笑)。
谷原さんて、そういうこと言われそうじゃん(爆)。

そう言えば谷原さん、寺脇さんより「王様のブランチ」司会を
引き継いだんですよね。
寺脇さんも、呉軍の誰かにしようかな…。
katsuryoha.gif

第67回は、久々の呉軍より、呂範です。
本当に呉軍は孫権以来だわ。
ズバリ高橋克実さんです。

これは正に後付け。
最初に克実さんの似顔絵が描けたので、誰が良いかなぁと。
散々迷った挙句、呂範かなと。
何か呉国太に怒られている図が思い浮かんだんですよ(笑)。

呂範と言えば、劉備が孫尚香を嫁にもらいに呉へ行った時、
孫権より、呉国太が劉備を気に入らなかった時は、殺して
しまえと密命を受けていたんですよね。
で、結局呉国太が劉備を気に入ってしまったため、
孫権と一緒に呉国太にその廉で怒られてしまうと…。

何か命令どおりに任務を遂行してるのに、
怒られて腑に落ちていないところがはまるかなと。

呂範は占いにも長けていたらしいけど、
その点は克実さんぽくないかなぁ(爆)。

イラストが笑っているのは、たまたま参考にした
写真の克実さんが笑っていたからです(汗)。

---------------------------

ここで、皆さんにお知らせです!
何と新春特別企画!!!!!!!!
今日から一週間毎日必ず一人ずつアップします!!!!!!
つまり20日(土)まで、計7人
ちょっと自分を追い込もうかなと(笑)。
目指せ100人!!!!!

アップする武将は、曹丕、郭淮、田豊、潘璋、荀攸、
そしてお待たせしたかも、陸遜アップ予定!!!!!
皆さん、妄想してお待ちください(笑)。
お楽しみに~。
murakamiken.gif


ドンドンアップ行きますよ。
とうとう記念すべき50回目を迎えました。
呂布は色塗りが間に合わなかったので、三国の一つ呉の初代皇帝、
孫権をここに堂々アップ!
村上弘明さんです。

またまた必殺シリーズより(爆)。
花屋の政の登場です。

必殺シリーズに限らず、村上さんは「十兵衛七番勝負」で
柳生十兵衛を演じられたり、剣豪役はピッタリの御仁。
イラストは台の角を剣で斬り、反戦派を一喝しているイメージです。

最後に、イラストの腰巾着を虎柄にすれば良かった…。
tyosyohuzi.gif


50回が見えてきました第48回。
智将が続きます張昭爺です。

今回は本能寺海造こと(笑)、藤田まことさんです
現在「役者魂」に出演されてますが、昭和38年の「てなもんや三度笠」を始め、
その長い役者人生は、呉における張昭並の経験・含蓄でしょう。

藤田さんと言えば、
「必殺シリーズ」の中村主水、
大河ドラマ「武蔵」の柳生石舟斎、
フジ時代劇「剣客商売」の秋山小兵衛と、
剣豪役が多いので、武将にとも思いましたが、
日本の剣豪と中国の武将ってイメージが違うのでやめました。

※ ※ ※ ※ ※

「三国志11」続報。
袁術、劉岱と滅ぼし、董卓もあと武威をとれば滅ぼせます。
史実とは異なり、袁紹は公孫瓚に滅ぼされました…。

今回は攻城兵器がメチャクチャ強く、兵の差より、
如何に攻城兵器を相手の城に密着させるかに、
勝敗が掛かってます。

いくら相手の城に兵が沢山居ても関係ない(笑)。
敵の迎撃を惇兄や張遼でいなしつつ、淵や楽進、李典の
兵器軍団で城の耐久を削るのだ!

Prev | HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 i Cast !, All rights reserved.